そんなこと言うなよ

女30歳。夫や不妊や野望を語る野暮日記

卵巣捻転になりました④

 

卵巣捻転になりました①~③の続きです。

 

 

こんにちは。

いよいよ「卵巣捻転になりましたシリーズ」の最終回です。

 

正式な病名は卵巣茎捻転?のようですが、先生は卵巣捻転と言っていたので、刷り込み形式でそのまま大人になりたいと思います

 

はて、こんなに人生で「卵巣捻転」って言うことあるだろうか。

 

「卵巣捻転」って10回言ってみ?

卵巣捻転、卵巣捻転、卵巣捻転、卵巣捻転……

 

 

はい、あなたは普通の人よりも卵巣捻転って10回多く言いましたー。

 

 

って10回クイズじゃ、ないんかーい!

 

 

 

あぁ!待って待って!!すみません、行きます!本題行きます。

 

 

 

 

今日は最後の外来に行ってきました。

 

お陰さまで、ここ2~3日は張りも感じず、

いい感じでした。

 

一応、今日まで仕事は休みの予定で、

今日の結果次第で明日から復帰です。

 

先日の外来より少しだけ混んでましたが、

でも、普段通っている病院に比べれば、ずっと空いています。

 

受付してから10分ぐらいで、直ぐに呼ばれました。

 

「どうですか」

「はい、もう全然平気です。張りも全然なくなりました」

「そうですか、良かったです」

「今は生理前の感じで重くチクチクしている感じです」

「順調ですね。このまま卵巣が小さくなれば、まだ少し捻れていても、ちゃんと戻りますからね」

「ほ、良かったです」

「一応内診しましょうか」

「はい、お願いします」

 

(内診終了)

 

「うん、良さそうです」

「今、卵巣はどれぐらいですか」

「6.3cmですね」

(意外と大きい!3cmぐらいになってると思ってた)

「前回はどれぐらいでしたっけ」

「6.8cmですね」

「たった5mmの差でこんなに張りが違うんですか?」

「そうですね、前回は少しお水が溜まってたので、張りも強く感じていたと思いますが、今はお水は無いので、楽になったんだと思いますよ」

「そうなんですね」

「もう、捻転を心配しなくても良さそうです。日常生活に戻って良いですよ」

「明日から仕事も大丈夫ですか」

「はい」

 (……ちっ。もう少し休みたかっゴホンっゴホン)

「この大きさぐらいから、もう捻転する可能性は少ないんですか」

「絶対では無いですが、少なくなってきますね」

「そうですか、まだ絶対ではないんですね。あ、仕事するとなると、捻れやすい態勢とかってありますか」

「特にないですね。体を動かしていなくても体の中では卵巣が動いている事もあるので、これがダメというのはありません。先日、手術直前に治ったのも、自然に治ったものでしょう」

「いや、ほんと、自然に治ってくれて良かったです

「えぇ、良かったですね

 

この辺から世間話。

話しやすくて良い先生なんですもの。

 

「実はもう3年ぐらい不妊治療してるんですが、かすりもしなくて……。今回の件で卵巣の機能が低下したらどうしようかと凄く心配しました」

「でも、今回沢山採れたんですよね」

「一応、8個なんですが、グレードが2や3ばかりだったみたいで…」

胚盤胞ですか?」

「それが、一応全て胚盤胞まで育ててもらっているのですが、今回の件で病院にお任せしたっきり結果を聞けてなくて…。何個凍結しているかは、落ち着いたら聞きに来てくれって事になってるんです」

「そうですか…。では育てている過程でもう少し減ってるかもしれない…と」

「そうなんです。なんか微妙そうな感じがして…。チョコレート嚢腫とかもあるんで、いつか取らないとダメなのかなぁ、とも思ってて……」

「うーん、でもチョコレート嚢腫も取っても結構すぐ再発したりしてしまったり、今まで数が採れてた人が、手術をきっかけに極端に減ってしまったりすることもあるので、一概に良いとは言えないんですよね」

「あ、そうなんですか」

「その辺は○○先生が判断して下さると思いますので、相談してみてください。もしそうなった際はいつでもお手伝いしますので」

「ありがとうございます!あ、先生、あと、生理とかと全然関係ない時に、たまにズキンと痛んだり、グ~と痛みが走る事があるんですが、それは子宮内膜症のせいなんですかね」

「うーん、その可能性もありますが、腸が動いているだけでも痛むことがありますので、痛みが一時的で、続かなければそんなに心配いらないでしょう」

「そうなんですね、良かったです。先生、本当にお世話になり、ありがとうございました」

「いえいえ、お大事になさってください」

 

そして、家路へ。

 

いい先生でした。

落ち着いてよく話を聞いてくれて、聞いたことにもしっかりと答えてくれて。

 

普通の不妊外来もやっているみたいですが、またちょっと、雰囲気が違うのは大学病院だからですかね。

 

高度医療を検討する場合は、是非また先生に担当してもらいたいです。

 

 

 

 

さて、そんな感じで、卵巣が完全に元の大きさに戻るのは1カ月後ぐらいだそうですが、ひとまず無事復帰です。

 

それにしても、卵巣が小さくなるには時間が掛かるものなんですね。

今のところ超安静にして10日で1cmぐらいのペースです。

腹水が抜けて張りが無くなったのは、採卵から8日目ぐらいかな。

これから生理が来れば、またペースも少し早くなるのかしら。

 

 

 

 

いや、しかし、何よりも健康が一番ですね。

今回は色々と考えさせられました。

 

焦らなくてもいい。とにかく平常になってから。

 

そう思えるようになった分には、いい経験だったと思います。

もう絶対なりたくないけど(T-T)

 

そして、上司に復帰の報告。

ついにあいつが帰ってくる!(ゴジラのテーマソング)

 

しかし、9日の予定の生理の気配が既に!?

帰ってくるのは私じゃなくてお前かー!!

 

復帰……早まったかな。

 

 

お騒がせしてました卵巣捻転、これにておしまい!