そんなこと言うなよ

女30歳。夫や不妊や野望を語る野暮日記

卵巣「子宮と連絡が取れません!」

 

待ちに待った生理3日目。

 

仕事終わって夫とソッコー病院へGO。

 

長かったよーーーぃ

生理来るまで9日間もかかったし、手応えがあるグレード2の移植がダメだった時から数えると3カ月ぶりぐらい。

 

また採卵からだけど、前回は初めての体外だったから手探り初心者セットだったのに対し、

次からは注射も増やして、

卵も沢山採って、

いくんじゃね?コレ。いくぜコレ。

 

なんて、二人でウホウホ言いながら受付を通ったら

 

体外受精の初日は採血があるので診察終了の90分前に入ってもらわないといけません。もう過ぎてますので。」

 

って。

 

 

だぁーかぁーらぁー

 

そんなの聞いてないって。

もぉ~そんなのばっかじゃん。

 

カルテには医師から説明済とあります。って言われても、前回の判定日は夫と二人で聞いてて、夫もそんなこと言ってなかったって言ってるんだから、言ってないでしょ。

 

後は医師に聞いてくださいって、

もぉ、言った言わないの水かけ論してもしょうがないし、やっぱり立場的に向こうの方が上だからそこそこで退くけどさ、気を付けてよねー、本当。

 

二人でブツブツ文句言いながら待合室で待ってたら、直ぐに呼ばれ、内診からスタートしました。

 

モニターに映し出された我が卵胞。

あれ?やけに大きいな…

 

衣服を直してそのまま先生のお話です。

 

「採血してないので見切り発車でやりましょう。とりあえず今日から薬飲んでもらって、採血もしていってもらって、明日病院に電話してください。もう今日は結果出ないから。それでスケジュール決めますから。」

 

ってヲイ!だから90分前って聞いてないんだって。

採血するならするで仕事早退したのに~。

 

とりあえず治療は進めてもらえる感じなので、待て明日!と自分を納得させる。

 

「それ以外に何か質問ありますか」

 

「いえ、…あー…そういえば今週期、異様に出血が少ないんです」

 

そうなんです。今回は全然出血が無くて、

アホな私は、

きっと最近早く寝てるからなんだな★

って一人でウキウキしてたんですが、

 

「あ、じゃあ今週期は見送りましょうか」

 

 

えぇぇぇえ!!どこの“じゃあ”!?

じゃあの要素どこ!?どこが地雷だった!?

え、え、え、何かごめん!

気に障ったならごめん!!ごめんだから!

言った言った、90分前に入れって言ってた!!

だから見送るとか言わないでー!!

 

 

「あ、いえ、は?、え?」

 

「あーやっぱり、それで排卵しそうだったんだ」

 

「いやいやいやいや、え!?ど、どういう…」

 

「うん、たぶんね、この生理、実はもっと前から始まってるんだ」

 

「!!????」

 

コナンみたいな先生の言い回しを要約すると、

 

前回の判定日頃、卵巣は妊娠してないのを分かってて、

 

よーし、今月も予定通り卵作るぞー!

 

って作り始めてるのに、

 

子宮はルトラールで生理が来ないようにしてて、

 

おっと、まだ待機命令だ!

 

って感じに予定日になっても生理ストップ。

そんな風に、かたや作る、かたや出さないとなると、

卵巣と子宮のスケジュールがずれちゃったらしいのです。

 

そのため生理が来た日は、実は生理5日目ぐらいにあたる日だったそうなのです。

 

そして、今日ぐらいになると卵巣でもほぼ1つの卵が出来上がってる頃で、これから刺激しても増えることは無いので、今回は見送りましょうとのことでした。

 

なんてこった!

 

生理がきちんと来るのだけが取り柄の私だったのに、とうとうそれさえもダメなのか。

 

やっぱり、薬を飲むのをやめて9日間も来ないというのは良くないことなのですね。

 

はぁ~ぁ、一体いつになったらちゃんとした治療できるんだろう。

停滞してる…

辛くても進んでさえいれば頑張れるのに、これじゃあ全然進んでないじゃん(T-T)。

 

一応、生理は(卵巣的には)予定通り始まっているので、次回の生理は早く来ると思いますとのことでした。

次回の生理で帳尻合わせができるって本当かいな。

 

なんか…ちゃんとした治療が毎月できるって…毎月結果発表ができるって…幸せなことなんだなぁ。

 

結局また見送りとなりました。

見送り人スキル上がっちゃうよコレ。