読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そんなこと言うなよ

女30歳。夫や不妊や野望を語る野暮日記

ハゲ恥じぬ生き方

 

図書館で不妊関係の本を借りるのも久しく行ってませんでしたが、(不妊レベルも上がってきたので(T-T))

 

予約してた本を取りに行くついでに

ふらっと立ち寄ってみると

周辺に面白そうな本が…

 

 

ふたりの薄毛物語

ふたりの薄毛物語

 

 

(以下、若干のネタバレがあります)

 

 

マンガなので読みやすく、

面白そうだったので借りてきちゃいました。

 

そう、何を隠そう宅の夫は齢45。

良いオジサンです。

 

そして、最近静かに主張し始めた前衛陣および大本営

 

はっきり言って、

M字の、てっぺん薄毛です。

 

べ、別に夫を貶めようと借りてきたんじゃないんだからねっ!

 

読んでると、心理描写が秀逸で、

あ、なんか夫もこういう過程を踏んで現在に至ってきたのかな…

 

なんて思い、夫に読んでみて欲しかったのです。

 

案の定最初に表紙を見たときは…

 

「え!何!?何でこんな本借りてきたの!

 

なんて、何かのメッセージと受け取ったみたいで

かなり動揺してましたが、

 

パラパラ読んでいくと

「そうなんだよ…そうなんだよなぁ…」

 

と、染み入ってました。

 

そこから話題はウスでも似合う髪形の話に…

 

(あ、ウスって言うのは作中に出てくる薄毛ののことで、ハゲより響きが良いので、今度から使うことにしました。)

 

「俺、天パだし左右の伸びる早さが違うから髪形決まんないんだよね」

 

「てっぺんはだいぶ遅いようですな」

 

「うるさい!」

 

「でもあれだよ、本でも書いてあったけど、変に足掻くより、思いきって短い方がいいよ」

 

「坊主か…」

 

「や、そこまで短くなくてもさ、ほら、芸能人とか誰かいないかな。そういうの参考に…」

 

べジータ?」

 

べジータ芸能人じゃねーしっ、べジータてっぺんはあるしっ」

 

「じゃ~誰だよ~」

 

Google先生に聞いてみなよ、先生何でも知ってるから」

 

そこで、私は驚愕の事実を知ることとなったのです。

 

そう、皆さん、おしゃれハゲ(あっ…)の芸能人と言ったら誰を思い浮かべますか?

 

私はやっぱり王道の所ジョージさん。

 

絶対、所さんがたくさん引っ掛かると思ってたら…

 

 

えぇーー!!半端ない数の渡辺謙さんんんん!!

 

 

そう、近年のおしゃれM字の代表格は渡辺謙さんだったのですヨ!

 

知らなかった… 

その業界のイニシアチブを取っていたなんて…

 

「これはもう、謙さん…いや!謙さまの髪形にあやかるしかないでしょ!」

 

「や、でも床屋でなんて説明するのよ」

 

「いいじゃん、渡辺謙のようにしてくださいって言えば」

 

「いやー、俺そういうの言えない…」

 

「おい、びびってんじゃねーよ!その一歩踏み出せば明るい未来が待ってるんだよ!?」

 

「や~、でも…」

 

「いいじゃん、最初は恥ずかしいかも知れないけど、一度それで注文すれば、次からは『いつもの』って言えば良いんだから!いいじゃん!逆にダンディーじゃん!!」

 

そんな会話を繰り広げつつ、早速次回、試してみることとなりました。

 

私は(もちろん夫も)不妊に悩んでいましたが、自分ではどうしようもないという意味では、夫ももどかしい思いをしてきたのかなと、ちょっと親近感が湧きました。

 

 

私は別に良いけどね、ウスでも。

 

 

 

今回借りに行った本命の本はこちら 

【至急】塩を止められて困っています【信玄】

【至急】塩を止められて困っています【信玄】

 

これ、くだらなくて面白いですよ!オススメです。