読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そんなこと言うなよ

女30歳。夫や不妊や野望を語る野暮日記

ナプキンと内膜ポリープ回顧録

不妊

 

さて、3日目に突入し、だいぶお腹も落ち着いてきました。こんにちは。

今日は振替休暇が貯まっていたので、生理中ということもあり、休ませてもらいました。

 

ところで、皆さまはナプキン、何使ってますか?

 

私はメーカーには特にこだわりがなく、基本羽根つきなら何でもよくて、1~3日目は常時夜用(寝る時は超夜用みたいなやつ)、4日目からは昼用の、それぞれ安い時に買いだめたナプキンを使っています。

 

ですが、ちょっと快適な生理ライフを楽しんでみようかなと、今回は奮発して、「ロリエF~しあわせ素肌」を使ってみました。

 

この商品、凄く口コミがいいんですよね。

ちょっと高いけど。

 

わくわくしながら開いてみると、

あら?意外と後ろは細いのね。

他のはわりと広がってるイメージがあったので少し不安が。でもその分、吸収が良いのでしょう。

 

 

満を持していざ!!

 

 

……………………。

 

 

う~ん。

 

確かに、薄いのもあってか着けた時に通気性は良いと感じました。ただ、普段からあんまりムレを感じなかったもので、劇的にっ!って訳では無かったです。

 

まぁ悪くもなかったので使い続けてみました。

そしたら、なんと!………伝い漏れ(T-T)

 

休みでゴロゴロしてたのもありますが、久しぶりに下着を汚してしまいました。

 

しっかりと伝ったみたいで、それはきれいな直線の末に、ゴールを越えて下着まで走ってました。う~ん、残念。

 

たぶん私は経血の粘度が高いんだと思います。

いわゆるドロッと経血なんだと。

あんまりさらっと出ないんですよね。いや、後半は少しさらっとしてるかな。

 

あと、前半戦はめっちゃレバーみたいの出ます。すんごい出ます。

ただ、子宮内膜ポリープで昨年と今年に掻爬(そうは)手術もしていて、先生いわく、

まぁ、もともと内膜が厚い体質なのかもね

とのこと。

 

なので、一応医師の管理下であることと、その厚い内膜が人よりも多くレバーを産んでるんじゃないかとのこじつけから、あまり気にせず受け入れています。

 

ちなみに余談ですが、子宮内膜ポリープに気付いたのは、今から3年前。

 

昔から排卵の2~3日前になると、毎回生理3日目ぐらいの出血が出ており、酷い時はそれこそレバーも出てました。

それに違和感を感じ、不妊治療を始めて間もない頃(27歳ぐらい)の当時の医師に相談すると、

「不正出血は誰にでもあり得る。あなたは不妊の人が通う病院なんかに来てるから些細なことでも気になるんだ」と何故か怒られながら酷い事を言われ(しかもそいつは院長)

それ以後、聞くに聞けず、症状についてはそういうものかと思うようにしながら、そのまま人工受精まで数度試したが授からず、1年後に知り合いに聞いた病院に転院した初回に、

「何か影が見えますね、ポリープかも」と言われ、直ぐに検査設備がある提携病院を紹介してもらい内視鏡検査をしたら内膜一面にびっしりとポリープができていて、「コレじゃあ着床しないですよ」と言われました。

 

あのヤブ医者のお陰で1年も無駄にし、今思い出しても殺意がわくエピソードですが、とにかく掻爬を受けた次の周期からは排卵期の出血の症状もピタッと治り、生理痛も薬を飲まなくても良いほどに軽くなりました。

 

残念なことに、その後もう一度タイミングから試してみたが授からず、1年後に同じ症状が出始めたので、病院を変えて(通院、検査、手術まで同じ病院でやってもらえるので)検査すると、再発。

再度掻爬を受けたのが今年の6月の話です。

 

今度はグズグズしないぞ!と直ぐに体外にステップアップし、現在奮闘中です。

 

振り返って見ると、最初に通ってた病院は時間とお金を無駄にして今でも後悔…というかヤブ医者を恨んでいますが、病院を変えて1度目に掻爬した後、直ぐにステップアップをせずにタイミングを選んだことは、決して無駄だとは思ってません。

その時は、タイミングにもまた可能性が出てきた訳で、ベストなコンディションでやるだけやったという満足感が、すんなりとステップアップを選べた今に繋がっているんだと思います。

2か所目の病院はおとなし目の女医さんということもあり、対応もとても良かったというのもあります。(設備が無いため2回目の手術のために転院するのは残念でした)

 

話が脱線してしまいましたが、何が言いたかったかというと、

 

排卵期の出血、なめたらアカンですよ!

 

ということです。

 

そして、病院にかかっても不安が拭えなかったら、違う病院にかかるという選択肢も思い描いてもらえればと思います。

どうか、私と同じ轍を踏まないで欲しい。

 

あと保険!私は結婚するまで特に身体に不調を感じずに保険とは無縁に生きてきましたが、結婚を期にとりあえず保険に入りました。母が子宮筋腫をやっていたので、婦人系の病気が手厚くなる女性特約も付けました。

その甲斐あって、2回の掻爬手術はそれぞれ20万円が下りました。(1回の手術(検査、通院等を除く)の医療費は2万円程度)。

 

20万円あげるから毎年掻爬手術を受けてと言われたら、迷わず0円でも健康な方を選びますが、手術で落ち込んでいる時にせめてもの救いで保険金が下りたのは、たった一つの気休めとなりました。

 

ちなみに私が入ってたのはメッ○ライフ○リコ(現在のメッ○ラ○フ生命)です。

 

実はその後も、婦人系でない違う手術を行いましたが、それはまた別の機会に。

 

 

あれれ、ナプキンの話をしてたのに…。

 

結論。ナプキンは今まで通り、安いやつでいいやと思いました☆