そんなこと言うなよ

女30歳。夫や不妊や野望を語る野暮日記

逃げた先に着いた

 

今週は辛かった。

 

移植が延期になったことが精神的に結構来てたのに、先日のタバコの件がここにきて同じぐらい夫への不信感として膨らんでしまい、そんなの嫌なのに、些細なことだって分かってるのに、泣いても泣いても答えがでなくて、辛くて、仕事も忙しくて体力も限界で、何処かに逃げたくて…

 

 

逃げちゃいました。三島に。

 

 

やっと振替休日が取れたので、昨日、思い立って出掛けてみました。

そう、静岡県の三島です。

なんで三島?

実は、特に理由はありません。

 

うちの職場に元旅行会社の方がいて、何もかも忘れて一人旅がしたいんです。と理由も言わず冗談めかして言ったら、じゃあ三島でウナギ食べて、三島大社にお参りして、熱海の温泉入ってサッパリして来たらいいじゃん、と。

 

はい、決定!

 

一人旅なんてしたこと無かったけど、何か現状を打開することをしないとダメだと思い、思いきって行ってきました。

 

本当は夫がずっと旅行に行きたがってたので、一人で旅行に行くのは心苦しかったのですが、でも、あなたは私には言えない別の楽しみがあるんでしょ?と私の中の悪魔が囁き、今回は考えないようにしました。

 

だから、行ったことない派手な観光地は避けて、行って帰ってくるだけ。のんびりと、散策して帰ってくる。

そう決めて、人生初の一人旅に出発しました。

 

 

そして直ぐに最初の壁にぶつかります。

 

 

しまった…一人で楽しむ方法が分からない…

 

 

実は私、根っからのインドア派で、基本、旅行も腰が重いタイプです。なので夫との旅行も行くまでは気が重く(行けば楽しいんですけどね!)プランから何から全て夫に任せっきりでした。

 

ですから普段なんの心配もなく隣にいて、ただお喋りしながら目的地に向かうということでないと、行きの電車も全然楽しくないんです。

 

ここで早くも夫の有り難みを知るとこととなりました。早いな。

 

とりあえず、今回の旅の目的を優先度順に①に三島大社、②にウナギ、③に温泉と決め、これを決行することにしました。

 

後は新幹線内でひたすら検索。一時間位なのであっという間に着いちゃいますね。

 

さて、先ずは観光センターでも行くか、もしくは三島大社か…

なんて考えながら改札を出て、直ぐに後悔。

 

あぁ!逆口に出てしまった!!

 

そうなんです、観光センターとか三島大社は南口で、今いる北口から戻るとなると、ぐるりと回ってこなければならないそうなのです。

 

うぅ…早速、素人っぽさを出してしまった…

 

気を取り直して歩き始め、約10分ほどで南口に到着しました。

 

南口に着くと直ぐに観光センターがあったので、一通りパンフレットと地図をもらいました。こういうところのパンフレットって、クーポン券も付いてるから見逃せません!

 

そして早速頂いた地図を片手に、散策しながら三島大社を目指しました。

 

さすが水の町。澄んだ綺麗な水が町中あちこちに流れていて、見た目もさることながら、川のせせらぎが耳にも心地好くて、疲れた心を洗い流してくれるようでした。

 

きれいでしょ。手前もお水なんですよ。

 

f:id:TORAKOserenade:20160918080428j:plain

 

途中には川の中を歩けるような、こんな道もあるんです。

 


f:id:TORAKOserenade:20160919003954j:image

沢ガニ?結構大きかったです。


f:id:TORAKOserenade:20160917220556j:image

一人で井戸水組み上げて遊んでみました。

 

f:id:TORAKOserenade:20160919004150j:image
 

もう、これだけで、普段引っ込み思案の私は充分満喫です。

 

三島を選んでよかったぁ。

 

なんて思ってたら、路の先に行列のできている鰻屋さんが!

おぉ、三島の鰻屋と言ったらココ!みたいなHPでたくさん紹介されていた、桜屋さんでした。

 

計画と順番が逆になってしまいましたが、せっかくなんで並んでみると10分ほどで案内してくれました。

入って直ぐに、「お二階の相席です」と聞いた時は、お蕎麦屋さんの小さい机に向かい合って座るビジョンが頭をよぎり緊張したのですが、広い座敷にコタツぐらいの机が何個も並び、宴会場みたいな作りだったので、混んでいたのも相まって、一人でもあまり違和感はありませんでした。

 

鰻重箱(2枚)+肝吸い+お新香で3,750円。

勇気を出して鰻重を注文し、忘れずに駅でもらったクーポン券を出し、ウーロン茶も1杯サービスして頂きました。

 

するとそのやり取りを見ていた、直ぐお隣に座られた4人組のシニアの方から「あら、そんなのあるの?」と話しかけられました。

 

うわー、一人旅っぽい!!ドキドキする!

 

「そうなんですよ、駅の観光センターでもらったパンフレットに載ってて…」なんてお返ししながらお話しすると、どうやら小田原からお越しになった、ご夫婦?の二組でした。鰻を食べに、三島までわざわざお越しになったそうです。いい時間の過ごし方ですよね。私達もこんな夫婦になりたいです。

 

そうこうしているうちにお料理も到着し、蓋を開けてみると…

 

f:id:TORAKOserenade:20160917223734j:image

 

うわぁぁぁーーーい!!

 

もう、食べる前から美味しい!

 

やっぱり、本場で出来たてを頂くのって全然違いますよね。

ふっくらジューシーでタレも絶妙。これまたお新香も優しい味で鰻に良く合う!

一人ではふはふしながら至福の時間を味わってました。

 

そんな折、携帯が鳴ったので見てみると…

なんと!小学校からの親友から入籍報告が!!

 

んなんて日だ!

 

いてもたってもいられず、食事中に行儀が悪かったのですが、慌ててLINEを返しました。

本当に本当に嬉しかったです。

ただ、LINEのメッセージの中に「同じ時期に子供産みたいね!一緒に遊ばせたい♪」って書いてあって返答に困りました(笑)

私にもそんな時期があったが…甘いな、直ぐできる訳じゃないんだぞ。なんて思ったのですが、

いや、あいつなら直ぐに出来るな。基本ノンストレスな奴だから…

そうなってくると私次第だよね。うぅ…頑張りま~す。

 

なんて、今一度自分に喝をいれつつ、今は忘れて鰻に舌鼓!

とにかくとっても美味しかったです。ごちそうさまでした。

 

食べ終わる頃にお隣さんも帰る準備を始めてて「じゃあね、お姉さん。小田原にも一度遊びにおいで。小田原城ポケモン出るらしいよ」なんて声をかけてくださいました。

 

うわぁ~ん、ありがとうございます!

一期一会でしたが優しい言葉をかけてくださり、素敵な思い出となりました。

 

心とお腹を満たしたところで、散策再開。お店を出て少し歩くと、直ぐに三島大社に着きました。

 

方向音痴の私としては順調に行きすぎててなんか怖い…とんでもないしっぺ返しが来るんじゃないか…と怯えながら、境内へ。

無事お参りを済ませ、境内を散策していると宝物館があったので、こちらも見学。三島大社源頼朝北条政子にご縁がある神社みたいで、北条政子が奉納した蒔絵の道具箱の模造品もあって、とても素敵でした。

ちなみにここでも忘れずにクーポンを。入館料 500円が300円になりました!わーい♪

 

境内には頼朝と政子の腰掛け石もありました


f:id:TORAKOserenade:20160917231253j:image

奥には鹿も!ただ、ちょっと環境が悪くて汚かったです…

 

f:id:TORAKOserenade:20160919004225j:image
 

そして、HPで見たときからこれに惹かれてました。


f:id:TORAKOserenade:20160917231836j:image

 

そう、福太郎です。

上品な餡に草餅がくるまれています。

 

お茶付で200円。リーズナブルですね。

境内を歩き回って意外と疲れていたので、暖かいお茶と美味しいお菓子でほっと一息つけました。

 

気がつけば時刻は14時半。17時には夫の仕事が終わるので、そろそろ次の計画に進まねば。

 

そう、最後の目的の日帰り温泉です。

こちらは目を付けていた、三島から3駅離れた来宮駅から直ぐ側の「おお川」さん。

念のため電話を入れたら、日帰りでも予約が必要だったようで、ダメもとでお願いしたら予約を入れてくださいました。

すみません、ありがとうございます。

 

上手く行きすぎてる…なんだこれは、何の前触れだ…

と思いつつ、駅に戻り、電車で向かおうとしたら、なんと電車が行ってしまったばっかりで、次が30分以上も空いてしまいました。

ここだったか…。

慌てて旅館に連絡を入れて予約をずらしてもらい、とりあえず途中の熱海まで出て途中下車し、駅前のお土産屋さんで買い物をして時間を潰しました。

 

ちなみに余談ですが、JRの乗車券は決められたルールの中で途中下車できるってご存じでしたか?割と常識なのかもしれませんが、私は職場の人に教わり、今回初めて使ってみました。とても便利ですね。遠方への旅行をご検討中の方は一度調べてみると良いと思います。

 

そして到着しました「おお川」さん。

今回は内風呂のみでしたので1,200円でした。いつか自慢の貸切露天風呂も入ってみたいな。次は夫と来ます。

 

客室が少ないこじんまりとした宿なので、平日だし他の人に会わないかな、なんて淡い期待をしていたのですが、受付をしているところに、同じく日帰り入浴を目的とした同じ年ぐらいの女性が。

そのまま同じタイミングで二人で入浴となりました。

 

へぇ、若い女性でも意外と一人で来るもんなんだな。

なんて自分を棚にあげて思ったのですが、私が電車の時間を読み間違えなければ、この方も一人で満喫できたろうにと思うと申し訳なかったです。

 

ただ、お風呂は十分満喫できました。こじんまりとしてましたが、二人なので全然狭さは感じませんでした。肌もつるつるになったし、凄く良かったです。 また来たいと思います。

 

これで全ての行程を完了したので、思い出がてら海でも見て帰るか、と坂を下っていったのですが、これが思ったより急な坂でした。熱海で買ったお土産もあったので若干後悔したのですが、でもこれで海まで見て帰ったらこの旅行は120点だなと自分で思ったので、頑張って歩きました。

 

およそ15分ぐらいでビーチに着き、ちょうどあった観光センターで帰りのバス乗り場も聞けたので、よし、後は海を楽しもう!とビーチに向かったら、実はココが一番、一人で居辛い所でした。

海って、カップルとか夫婦とか複数人が多くて、一人で、しかもお土産片手に佇んでいる女となると、え、訳アリ?って雰囲気がかなり流れるんですよね。


f:id:TORAKOserenade:20160919004331j:image
 

しかもここ、以前夫と熱海に行ったときに来たことあるビーチでした。

そうか、熱海と来宮はこんなに近くなのね。なんて思いながら、夫のこと、帰りのことを考えると段々現実に戻ってきて、

 

そろそろ帰るか…

 

と、海もそこそこに熱海駅へ戻りました。

 

帰りの切符は既に取ってあったので、直ぐに新幹線に乗り、無事帰り着きました。19時ぐらいでした。

帰ったら既に夫が帰って来てたのですが、ここ数日の気まずさから、特にどこに行ってたという会話もなく、そっと自分の部屋にお土産をおいて、いつもの日々に戻りました。

 

ただ、私にとっては凄く良い体験で、自分の殻を破ったというか、自分に勝ったような気がして、その満足感でとても良い気晴らしになりました。

 

明日から、昨日より前向きになれそうです。

後は、早く夫と仲直りしたいな。

でもタバコの話をどうするか、自分の位置付けがまだ定まってないので、また考えたいと思います。

もーめんどくさいなぁ。吸うなよ!笑

 

ここまでお付き合い頂きありがとうございました。