読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そんなこと言うなよ

女30歳。夫や不妊や野望を語る野暮日記

貝の砂抜き、どうしてますか

オススメ

 

 

今日は良い日でした。

 

 

雨が降る前に洗濯物が干せたし、

買い物も終わったし。

 

 

さぁ、もういつでも降ってくれ!ってとこなんですが、

雨が降ると出張から帰ってくる夫を、傘を持って迎えに行かなければならないので、うーん微妙。

 

 

 

それまではお腹も痛いし、ゆっくり漫画でも読んでよう。

 

 

 

 

さてさて、突然ですが、つい魅入ってしまうことってありますよね。

例えば洗濯機とか。

 

 

小さい頃から洗濯機が回っていると無心でずーっと見てしまい、

 

 

っ!

 

 

っとなることがあります。

 

 

 

それと一緒で、貝の砂抜き。

 

 

よく見るとそれぞれが少しずつ息をしてて、これまた無心で魅入ってしまっていることがよくあります。

 

 

 

今日は近所のスーパーがリニューアルオープンなので、晩御飯のメニューを決めずに行ってきました。

 

 

 

何にしようかな~、なるべく安いもの!

 

 

 

なんて考えながら歩いていると目に入ってきたのはシジミちゃん。

 

 

そうだ、今日夫は出張先で沢山お酒を飲んでくる予定なので、シジミのお味噌汁にしよう。

 

 

 

実は私、恥ずかしながら結婚するまで貝の砂抜きの方法、分かりませんでした。

 

 

もともと貝がそんなに好きでなく、今でもアサリ、シジミ、ホタテぐらいしか食べません。

お味噌汁も飲まない生活で、貝とは縁遠い生活だったのですが、食生活がきちんとしてる夫は毎日お味噌汁を飲みたい性分で、インスタントで飲んでいました。

 

 

 

ちなみにインスタント味噌汁は北野エースのシジミ汁、めっちゃ美味しいですよ。

オススメです。ちょっと高いけど。


f:id:TORAKOserenade:20160903165240j:image

 

 

 

でもなー、毎日インスタントってやっぱ良くないだろうし、酒豪の夫の肝臓に良さそうなお味噌汁覚えたいなーと思い、手始めに挑戦したのがシジミのお味噌汁でした。

 

 

 

そこで最初の壁。

 

 

 

砂抜きってどうやるんかいな!

 

 

 

ネットで調べでも今一つ塩の分量が分からなくて、いろいろ試行錯誤してみたのが懐かしいです。

 

 

 

まず平らなバットなんて持って無いし…

 

 

え、世の中の人ってそんなに平らのバット持ってるものなの??

 

 

 

そこで我が家が使用したのがコレ!

 
f:id:TORAKOserenade:20160903170319j:image

 

分かります?

写真が下手ですみません。

お寿司のケースなんです。

 

 

 

お寿司のテイクアウトに使われていた入れ物で、約30cmぐらいあります。

 

これで、だいたいスーパーで売ってるシジミの小パック2つ分ぐらいいけます。

アサリなら長方形の中パック1つ分ぐらいですかね。

 

 

コレにまずお水を入れます。

(我が家は一応蛇口についている浄水器のお水を使ってます。効果あるのかわからないけど)

目安はシジミの口元ぐらいのカサまでです。ひとつ置いてみても良いかもしれません。

 

次に塩を上下に振りながら2往復ぐらいして混ぜます。

 

 

後はシジミを入れて30分~1時間ぐらい放置。

私はここで無心で見守ってます。

 

 

最後にお水で貝の背同士を擦りながら洗って(注意!その前に指輪を外しておきましょう)、そのまま使ったり、凍らせたりしてます。

なんか凍らせると栄養価が高くなるんですって。

 

 

よく、

暗くした方がいいとか、

他の貝が出した砂を別の貝が食べてしまうので、ザルを使った方がいい

とか聞きますが、この方法で気になったことはありません。

 

 

 

 

極論!シジミなら砂抜けてなくても大丈夫です!!(えー!)

 

 

なんて言うと、世のお母さんと、お味噌汁を楽しみにしてるお父さんに怒られてしまいそうですが、いろいろやってみてこの結論に至りました。

 

 

小さいですしね、砂残ってても気になりません。

 

 

ただ、このやり方で、ー、砂残ってるな~と感じたことはありませんので、まぁ大丈夫そうです。

 

 

 

あくまで我が家の簡易版ですが、

こだわらない方は試してみてはいかがでしょうか。

 

 

今夜はお味噌汁とサンマとキャベツの甘煮です。

 

 

 

段々と 食欲の秋ですね。

また太っちゃうわ。