そんなこと言うなよ

女30歳。夫や不妊や野望を語る野暮日記

仕事をしながら体外受精

 

 

昨日から夏休み明けの仕事が始まりました。

 

 

やっぱ疲れるな~。

 

や、救われるところも、もちろんあります。

あまり体調について考えなくて良いから。

 

 

でも帰る頃にはクタクタで、這うように帰ってきて、その後にご飯の支度…

でも仕事始めだったり、忙しくなってくるとそれも出来なくて、外食が増えてしまう。

 

体外受精でお金もかかるのにとか、

栄養バランスが悪くて卵にも悪いとか、

便秘症の夫にもっと野菜を食べさせたいとか

なんか良くない思考がよぎって、それでまた色々考えちゃって

 

しかもそれだけ働くと、今度は収入超過で体外受精助成金も受けられなくて…

(と言っても全然大幅に越えてる訳ではなく)

時々、何のために働いてるのか分からなくなります。

 

ゴールが見えないから余計にね。

 

 

世の女戦士達はどうやって頑張っているんだろう。

気持ちとか、体とか。

是非教えてください。

 

 

でも子供がいるご家庭なんか、もっとずっと大変なんだよなぁ。

 

 

家事をしながら働く女性、本当に凄いです。

 

 

休み中はきちんとお昼にスーパーに行って、

見切り品とかもあったりするから、お安く買えて、

その日に調理して、その日に食べて、

早くご飯が終えられるから、早くお風呂に入れて、

早く寝れて…

 

 

そんな生活が出来てたから、余計に考えてしまいました。

 

 

仕事の日は帰りにスーパーに行っても、割引シールが貼ってある商品よりも、鮮度が新しい方を買わないと、結局調理できなくて腐らせて捨てちゃうからなぁ。

元来値引き好きな私としては苦渋の決断です。はぁ。

 

 

 

それともあれかな、

政府的には、助成金の基準を超過する収入がある人は、もう子供とか良いから。

経済循環要員として、がっぽり稼いで沢山税金納めてちょんまげ。

 

 

 

ってことなのかなぁ。

 

 

 

不健康な生活を送りながら、

心身ともにボロボロになって働いて、

それでも体外受精のために頑張って働いて、職場で白い目をされながら、合間を縫って病院行って、

でも結局ダメで。

さらに助成金の収入基準も越えてしまって、

下手したら助成を受けてる人よりもトライ出来なくて、

たくさん税金払って、何の補助も受けず頑張ってる女性達が報われることって…

 

 

 

…結局は授かることなんだろうな

 

 

 

 

 

は!いかんいかん、どうもウチらしくない内容になってしまった。

 

8分割の3日目胚を移植をしてから今日で11日目。

生理前の下腹部痛があって落ち込んでいた故です。

お許しください。

 

 

まさに「そんなこと言うなよ」

 

 

 

番外編にお付き合い頂き、ありがとうございました。