読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そんなこと言うなよ

女30歳。夫や不妊や野望を語る野暮日記

着床前の行動と超妊娠初期症状

 

こんにちは。

判定以後何も進展がなく、これから週末までは全然落ち着かなくて、

株価かってぐらいに毎日感情が乱高下しています。

 

仕事や!仕事に集中や!!

 

あんなに嫌いだったアイツが、こんな時にはちょうどいい気の紛らわし方。

お陰で片付くこと片付くこと。

 

 

ここに至るちょっと前まで、前厄年が「ちょっと見せちゃおっかなぁ~」なんて、本気見せつけてきて、体調をかなり壊したりしていたので、今回のことは本当にビックリだったのですが、

それ以外にも普段と違うことをしていたので、忘れないうちにメモろうと思います。

 

 

*普段と違うこと*

・移植の前周期にウイルス性腸炎になった

・更にその前、卵巣捻転になった

・移植の一ヶ月前くらいから移植まで、柔軟とストレッチ、一日10回のスクワットをしていた

・特にスクワットは子宮の血流を意識してやっていたのですが、太ももが細くなった

・お風呂に必ず入っていたけど、長風呂の回数は少なかった 

・でも年度末の忙しさで2回だけシャワーの日もあった

・お化粧だけ落として寝る日もあった

・お風呂で足のリンパマッサージをしていた

・気が向いた時だけウォーキング

・ルイボスティは暖かくなってきていたので飲んでいなかった

基礎体温は計っていない

・とにかく仕事が忙しかった

・ので、ご飯も作らないでコンビニ弁当とかの日もあった

・スプレキュアで管理してた排卵日の前日にタイミングを取った

・移植前はチョコレートとかよりもフルーツが食べたくて、普段食べないパイナップルやイチゴばっかり食べていた

・移植前に仕事で感動して泣いた

・実家に帰って近所のお寺にお参りした

・移植の当日に近所の神社にお詣りした

・お詣りしたりお参りする時は住所と生年月日と名前を添えた

・移植後にヒールで走ったりした

・移植後に 体重計は乗らなかった

・着床の時期にテレビを見て大笑いした

・着床の時期にアボカドをよく食べた

・どっちかというと睡眠不足だった

胚盤胞だからいけるっ!と、普段と違って前向きに信じられた

・桜がきれいに感じた

 

 

*妊娠初期症状?*

・移植して数日後から、寒気がした

・と、思ったら途中からしなくなり、着床時期近くになってまた寒気がした

・着床頃の朝、何日かトイレがしたくて目が覚めた

・フケが急に増えて収まらなくなった

・割りとイライラしてた

・情緒不安定で、急に悲しくなったり、戦争のニュースで涙が出たりした

・ぶにゅっと何かが出る感覚があった

・眠気は無かった

・ほてりも無かった

・生理前の下腹部痛と同じものがあった

・あとお腹がチクチクというよりズキズキした

・胸は張らなかった

・乳首問題も無関係だった

・若干おりものが増えたかなって気はしましたが、気になるほどではない

 

 

 

 

 

うーん、気のせいと思うものばかりですね。

思い出した時に追加したいと思います。

 

 

凍結胚盤胞移植~BT14日目・判定日

 

こんにちは。

不安で不安でしょうがなくて、

チクチクしても、大人しくても不安で。

 

朝もやっちまいました。ドゥー。

 

昨日と変わらず濃い判定線。

頼む!このまま行ってくれ!!

 

 

 

なのに今日は職場の倉庫一斉清掃日。

 

や、自分で言い出したことだからしょうがない。

 

だって捨てるもの捨てて片付くと気持ちいいじゃんか~。

忙しい毎日で数少ない楽しみな仕事。

そう、それが年度開始の掃除!

頭使わなくていいから、凄く好きなんです。

付き合わされるwith B達は可哀想ですが。

 

 

と、思ってたのに、ついお腹をかばっちゃって全然集中出来ないっ!

 

 

オラオラオラ!!!チンタラやってんじゃねーぞぉぉおお!!

 

 

って口で言いながら、あの人全然手が動いてない。

 

とにもかくにもこの2日間は仕事に集中してれば時間が早く過ぎたので良かったのですが、今日に至っては全然集中出来ない!時間めっちゃ長い!!

 

しかも倉庫寒いっ!

 

なんと言う空回りな一日……。

それでも綺麗になった倉庫を見れば、やはり気持ちが良いものです。

 

午後はそれなりに忙しかったので、あっという間に時間が過ぎ、

そしていよいよ病院へ。

 

同じ職場の夫に「もう帰れる?」と聞きに行ったら、「巻き込まれた……」と、憔悴して一言。

 

「じゃ」

「ごめん。直ぐ追いかけるから」

「ふふん、その頃には話終わってるだろうよ」

「間に合わせるから。だって採血あるんでしょ?」

「分かんない。ネットだとそうなることが多そうみたいだけど」

「なら間に合う!」

「へへ、間に合わなかったら結果は教えないよー。あばよ!」

 

 

何て言いながら病院について直ぐ尿検査したら、即行呼ばれました。

夫に全く間に合わず。残念。

 

「こんにちは。」

「どうぞー。自分でやってみた?」

「ふふふ、やってみました」

「なーんだ。じゃあ結果知ってるね。はい、妊娠してますよ」

「あぁ!ありがとうございます」

「初めて?」

「初めてです!初めて陽性でした」

「そっか、良かったね」

「ありがとうございます」

「今日注射あるからねー。次は来週来てください」

「先生、聞いても良いですか。今回5CCのグレードだったんですけど、出産までいける確率ってどのぐらいなのでしょうか」

「そんなの、妊娠しちゃえばみんな同じだよ」

「そ、そうなんですね。ありがとうございます」

 

そして採血室へ。

 

「それでは、黄体補充のプロゲストンデポー125を打ちますねー」

 

あれ?

 

さ、採血は……?

打つ方?

 

 

「はい、終わりましたよー。次は来週ですねー。赤ちゃんの嚢ができているか確認しますからね。お大事に

「あ、ははぁ、どうも」

 

 

結局聞けずじまい……。

 

 

「あぁ!いたいた」

部屋を出た瞬間に夫到着。

 

「もう全て終わっちゃったよ」

「ど、どうだった?

「今朝の通りだった」

「じゃ、じゃあ」

「うん。詳しくは病院出たら話すね」

 

だって、他の人の妊娠て辛いから……。

嬉しそうに診察室から出てくる人を尻目に待ってるのは本当に辛いから。

だから、直ぐ伝えられなくてごめんだけど、病院を出てから話始めました。

 

 

「妊娠してますって」

「で?」

「ん?以上

「えぇ!?それ以上の情報は?採血は?hcgの数値は?」

「採血は…しなかった。注射は打ったけど。抜く方じゃなくて打つ方だった」

「えぇぇ!!だって、妊娠してるのは今朝までで分かってたよ。でもそれ以上の情報が貰えないと、喜んでいいのか分からないよ。今って喜んでいいの?まだ全然なの?」

「喜んでいいのかと聞かれれば、当然喜んでいいでしょう。おおいに喜びなさいよ。

ただ、赤ちゃんの嚢ができているか来週確認するって。だから落ち着け」

 「そ、そっか。あぁ、全然分からない」

 

そうなんですよね。

ここまでが初めてだから、まだ全然この後のスケジュールが二人とも見当がつかず、いったいいつになったら安心できるのか……。

 

「まぁ、まずは一方進めたって事だね。一歩一歩進んでいこう」

 

と二人でハイタッチし、桜並木を帰りました。

 

 

4週5日目

 

 

どうかこのまま上手く進みますように……。

 

 

 

 

 

 

 

この後、検査薬の画像があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3日間ありがとう
f:id:TORAKOserenade:20170415120032j:image

 

 

こちらは病院で貰ったやつ

f:id:TORAKOserenade:20170415120157j:image

 

 

 

 

 

 

 

凍結胚盤胞移植~BT13日目

 

落ち着かないっす。

落ち着かないっす。

こんにちは。

 

 

当然今日もドゥーしますよね。

 

そしたら、昨日よりも濃い判定線がっ!

 

 

oh!ジーザス!!

 

 

や、これはもう、期待して良いですか?

 

 

あ!夫に報告!!

 

「ねぇ、今日も出た」

「おおぉ、昨日より濃い。これはもう薬の影響の可能性は低いね。最後にhcg打った日から考えると、その可能性は低いね」

 

 

うぉおおお、ここにいたよ検索魔ぁぁ!!

 

 

えぇ、そんなキャラじゃないじゃん。

 

何もう。期待するなって言ってたの自分じゃんかー。

 

「あ、なんか蚊みたいの飛んでる」

「あなた、殺生は良くないよ。大事な時期なんだから」

 

何もう。何もう。この人。

 

めっちゃ浮かれてるじゃんか。

 

 

うう、こんなに喜んでる夫が見れて嬉しい。

私、自分は妊娠できない人なのかと思ってたから。

 

でもその分不安が。

この先のことが全くわからない。

初めてだから。

全然知識がないから。

 

 

判定日が待ち遠しくて怖い………… 

 

凍結胚盤胞移植~BT12日目

 

あわわわ。

こ、こんにちは。

 

生理コナイナー。ソロソロカナー。

 

なんて。

 

思い返してみたら、月曜日に薬飲み終わってから次生理来るまでけっこう間空くんだよなぁー。

 

あー、きそうだわー。お腹だるいわぁー。

 

なんて思って。

 

 

でも、いや、待てと。

最近寒かったし、おしっこしたくて朝目が覚めるし、なんかお腹ズキズキするし。

 

これドゥーなのよ?ドゥーすればいいのよ?

ここらでちょっくら白いの見て、落ち込んで落ち着くか。と。

 

そしてまた次へ。そして伝説へ。

ちょっとしたクエストをしようと。

 

そう何故か仕事行く前の朝一番に思い立ち、

冒険への第一歩を歩み出したら

 

 

 

ん?

 

 

 

 

んんん?

 

 

んんんんんんん?

 

 

 

 

……判定線、バッチリ出てるんですけど……

 

 

 

ほへ?

 

 

よく訳が分からず、ヒゲ剃り中の夫に聞いてみました。

 

「これどう思う?」

「んー?あ、またやったの?」

「これどう思う?」

「どれ。また真っ白?………ん?え!?」

「どう思う?」

「これ反応してるってこと?」

「うん、たぶん」

「え、お、あ……えぇ!!」

「これ、終了線と同じ色なの初めて見た」

「うん…これどういうこと?できたってことなの?」

「分からない。前打った注射の反応かも」

「そっか、いや、うん。とりあえず判定まで待とう。またさ、変に期待するとさ」

「にやけてますけど」

「いやいやいや、だって」

 

なんか喜んでいいのか、まだ早いのか、よく分からずに、二人ともニヤリと不敵な笑みを浮かべ、気にしないように気にしないようにその日を過ごしました。

 

 

凍結胚盤胞移植~BT10日目

 

ね、眠い…眠すぎる…。

こんにちは。

 

週始めは何もなくてもやっぱり疲れますね。

普段は絶対お風呂入ってお化粧落としてから寝ないと気が済まないのですが、

さすがにお化粧だけ落としてさっさと寝たら、翌日の通勤の電車全っ然寝れない!

困った!

 

 

朝どれだけ寝れるかが、その日のパフォーマンスに関わり、

帰りどれだけ寝れるかが、晩ごはんのクオリティに関わるのに。

 

 

おかげで晩ごはん、しらたきでしたよ。 

 

ゲっ!って言ってたからね。夫が。

 

 

おかげで、翌日のお通じ半端なく良かったです。金メダル級でしたね。

しらたき凄いな。

 

 

薬も終わり、やっと副作用から解放される!

かと思ったら、生理前の症状でほぼ同じ調子です…。

 

うぅ、良き傾向であればいいのですが…。

 

凍結胚盤胞移植~BT7日目

 

こんにちは。

最近は桜が満開で気持ちが踊りますね。

お花見はされましたか?

 

さて、相変わらずうんともすんともなお腹でありますが、時間になるとちゃんとグーっとなります。

 

夕方になると職場のそこかしこでカエルの合唱がぐーぐー聴こえてきて、う~ん春!

 

そんな私の心強い味方は、最近楽天で買ったおからクッキーです。

レビューに、「硬い!」「歯が折れる!」なんて書いてあったんで尻込みしてずっと様子を伺ってたのですが、勇気を出してポチってみたら、まぁ、なんということでしょう。

 

一枚で腹の虫がピタリと止みます。

 

あぁ!もっと早くあなたに出会っていれば!!

 

ミーティングの時も

読み合わせの時も

コーヒーブレイクの時も

用を足してる時も

 

恥をかかずに済んだのに…。

 

 

しかも変な音がするんですよ。

 

グーじゃないんです。

グーなんて可愛いもんです。

グーなんて附属の幼稚園から大学入るようなもんです。

 

私レベルの偏差値になると、

 

 

おかえり

 

 

て言うんですよ。

 

いやいや、本当に。

 

よくあの動画サイトとかで犬がしゃべるとか猫がしゃべるとかあるじゃないですか、

あの感じで、

 

おかえり

 

って言うんですよ。

腹が。

 

これがナウシカみたいに、

森へおかえり

って感じで言ってるのか、それとも

おさしみ

って言ってるのか、それは日によって違うのですが、

 

とにかく母性本能よりも帰巣本能ばっかり逞しくなって、

彼もこう言ってるんで、

なんて言って定時であがっていたのですが、

おからクッキーを手にいれてから、もう久しくその声を、あの命の叫び声を、聞いていません。

 

向かうところ最強の残業飯です。

いくらでも残業できてしまうではないか。けしからん。

 

 

さて、余談が過ぎましたがBT7日目です。

今日あれが出ましたよ。

例の、ぶにゅ。

 

しかしこれ、本当に何なのだろう。

そうなる時は毎回排卵~リセットの間。

生理の時の塊が出る感覚に近いものです。

それよりも少し小さめな感じですが。

 

ただ、ルトラールのせいなのか、

吐き気

オリモノ増

生理痛に近い鈍痛

食欲増加

な症状に見舞われています。

 

これだけ見ると超妊娠初期のマニュアル人間みたいな感じですが、たぶん自分がそこの感覚だけ拾っているだけのような気がします。

 

一方で、一応気を付けてるのが、

お酒やコーヒーを飲まない(と言っても得意じゃないので普段から全然飲まないのですが)

エナジードリンクを飲まない(繁忙期の相棒(T-T))

熱いお風呂で長湯しない

でも体を冷やさない

 

ってとこですかね。

 

本当は早寝早起きと規則正しい食事も入れたいところですが…

 

あ、あと、

 

体重計に乗らない

 

これにも気を配ってます。

 

いやいや、べ、別に現実から目を背けるためじゃないですよ!

いつも毎朝の日課にしてたし…

量ってるし…

量っても減らないし…

むしろちょっとずつ増えてるし…

 

じゃなくて、なんか電気がめぐる感じが

良くないのかも。なんて神経質になってのことです。

 

我が家のは、乗ると2秒ぐらいでピピっと計ってくれ、体重から水分量、骨量、体脂肪率等々色んな数値を出してくれる優れ物なのですが…

え、分不相応?うぅ仰る通りです。

それの電気が何となく卵に良くないんじゃないかなーと…

 

いや、もう本当にただの妄想で、科学的根拠は全く無いのですが、むしろ活性化されて元気になったりとかするのかも。

でも一応そんな感じで、止めてみています。

 

怖いですよー。

今自分が何キロなのか分からないって。

 

おかえり

 

でもなくて、

 

おさしみ

 

でもなくて、

 

おかわり

 

ってなってますからね、最近。

 

 

桜が散る頃には結果が出ている頃ですね。

嬉し泣くか、悔し泣くか、はたまた絶句か。

 

うぅ~待ち遠しい。

 

 

凍結胚盤胞移植~BT6日目

 

え、チクチク治まっちゃったよ。

こんにちは。

 

もはや、超妊娠初期は都市伝説ぐらいのものとして認識しているので、そこは良いのですが、

何だか寒気も無くなって、お腹の違和感も落ち着いてきてしまい…

 

えーそういうこと?

 

やっぱなぁ…。

昨日は最強に疲れ果てて、バスターソード引きずるクラウド並みにとぼとぼ歩きながら、やっとの思いで帰宅し、そのまま横になってしばらく微動だにせず、

だいぶ経ってから、そろそろと風呂を沸かし、沸き立てのお風呂につかって汗をふんだんにかいてたら… 

 

 

はっ!

あかぁぁあーん!!

 

 

確か受精卵って熱に弱いって、妹の友達の親戚の子供がホームページで見たって言ってた!

 

と思い、慌てて飛び出ましたが、

翌日こんな感じで、ガックシ。

 

昨日とは明らかに体調に違いがあり、私も単純だなぁ、といっそ笑いが出てきます。

 

うぅ、どうか着床終わって一息ついた時期だから、落ち着いているってことでありますように。